メールの宛先は、To・CC・BCCが指定できるよ

To・CC・BCCの違い

メールの宛先欄にはTo・CC・BCCの3種類があります。

  • TO(宛先)
    メールを送りたい相手が1人の場合や複数人いる場合に使用します。
    あなたもしくはあなたたちにおくってますよと意思表示していることになるので、Toで送られてきたら、メールを読んだら返信など対応する必要があります。
  • CC(カーボン・コピー)
    CCで指定されて送られてきた場合は、To(宛先)の人にこんなメールを送りましたよ。念のために見てくださいということになるので、メールを読む必要はありますが、基本的に返信する義務はありません。
    CCで指定されたメールアドレスは、他の受信者からも見ることができるので、受信者全員が知り合いであるか、メールアドレスが他の受信者に知られても問題ない場合に使用します。
  • BCC(ブラインド・カーボン・コピー)
    BCCで指定されたメールアドレスは、他の受信者から見ることができないため、他の受信者にメールアドレスが知られてはいけない場合などに使用します。
    一斉配信などでよく使用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です