メールの受信には、POPとIMAPがある

POPとIMAPの違い

POP と IMAP は電子メールにアクセスするための方法です。IMAP は、携帯電話、ノート PC、タブレットなど、さまざまなデバイスからメールを確認する必要があるときに推奨される方法です。

POP

POP はユーザーが利用しているメールサーバに問い合わせ、そこから新しいメッセージをすべてダウンロードします。パソコン等にメッセージを取り込むと、メールサーバからメッセージを削除します。

(ただし、サーバにコピーを残しておく設定もできます)

基本的に1台のパソコン等でしかメールを管理をしない場合に向いています。

自分のパソコン等に保存するため、容量が許すかぎりメールを保存することができます。

IMAP

IMAP で電子メール メッセージを読むとき、実際にはメッセージはコンピューターにダウンロードされたり、保存されたりしていません。ユーザーはメールサーバからメッセージを読んでいます。結果的に、世界中のあらゆる場所から、さまざまなデバイス(パソコンやタブレット・スマホなど)で電子メールを確認できます。自分のスマホでも、コンピューターでも、友人のコンピューターでも可能です。

IMAP では、メッセージをクリックしたときにのみ、メッセージがダウンロードされます。添付ファイルが自動的にダウンロードされることはありせん。このような方法により、POP よりすばやくメッセージを確認できます。

また、サーバ上で管理・閲覧しますので1台目のパソコンで既読・未読・削除を行うと、2台目のパソコンで見た際にはそれらが反映された状態でメールを読むことができます。

このようにIMAPは便利な機能を備えていますが、メールを見たり削除するには、常にサーバと通信を行う必要があり、メール数が多くなるとメールの一覧を取得するだけでも時間がかかります。また、容量の上限に達すると新しいメールを受信することができなくなりますので、定期的に不要なメールを削除する必要があります。

このため、従来ではPOPでの受信方式が提供されてきましたが、インターネットのブロードバンド化やサーバの性能向上等により、IMAPでの受信方式の提供も増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です