InPrivateブラウズ

InPrivateブラウズ

InPrivateブラウズは、閲覧や検索の履歴、一時ファイル、ユーザ名(ユーザID)やパスワードの入力履歴、Cookie(クッキー)などを保存せずにWebページを閲覧する機能です。

通常、ブラウザは閲覧したWebページの情報を保存しておくことで、次に閲覧した場合の表示スピードを短縮することができたり、履歴情報から、以前閲覧したWebページにアクセスすることができます。

しかし、共用で使用しているパソコンやや他の人から借りたパソコンなどでは、履歴情報が残っているとどのようなサイトにアクセスしたのかが簡単にわかってしますので注意が必要です。

そのような場合、InPrivateブラウズ機能を使うと履歴などを残さずにWebサイトを閲覧することができます。

InPrivateブラウズによる保護機能は、InPrivateブラウズを開始したタブもしくはウィンドウが開かれている間のみ有効です。

新しいタブやウィンドウを開いたり、InPrivateブラウズを有効にしたタブやウィンドウを閉じるとInPrivateブラウザ機能は無効になります。

InPrivateブラウズの利用方法

  • InternetExplorer(メニューバーの場合)
    ツール → InPrivateブラウズ
  • InternetExplorer(右上の歯車アイコンの場合)
    歯車アイコン(ツール) → セーフティ → InPrivateブラウズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です