Excelデータを利用した文書作成(グラフ編)

Excelのグラフを貼り付ける方法

  • Excelのデータだけではなく、グラフも張り付けることができます。

今回使用するサンプル

  • Word:売上実績1.docx

  • Excel:売上状況.xlsx

Excelのグラフを埋め込んで貼り付け

  1. Excelで対象のグラフを選択してコピーします。
  2. Wordの貼り付けたい場所にカーソルを合わせて、《ホーム》→《クリップボード》グループ→《貼り付け》▼クリック→《貼り付け先のテーマを使用しブックを埋め込む》をクリックします。
    (または、《元の書式を保持し、ブックを埋め込む》をクリックします。)

 

 

グラフ(データ)を修正する場合

  1. Wordに張り付けたグラフ内を選択します。
  2. 《グラフツール》の《デザイン》タブ→《データの編集》▼をクリックします。
  3. 《データの編集》または《Excelでデータ編集》をクリックします。
    Word内のデータ編集用にExcelが起動します。
    この場合、リンクしていないので、コピー元のExcelファイルではありません。
    必要に応じてデータを修正し、保存後、起動したExcelファイルを閉じましょう。

 

Excelのグラフをリンクして貼り付け

  1. Excelで対象のグラフを選択してコピーします。
  2. Wordの貼り付けたい場所にカーソルを合わせて、《ホーム》→《クリップボード》グループ→《貼り付け》▼クリック→《貼り付け先のテーマを使用しデータをリンク》をクリックします。
    (または、《元の書式を保持しデータをリンク》をクリックします。)

グラフ(データ)を修正する場合

  1. Wordに張り付けたグラフ内を選択します。
  2. 《グラフツール》の《デザイン》タブ→《データの編集》▼をクリックします。
  3. 《データの編集》をクリックした場合は、 リンクされているExcelファイルが起動します。
    (《Excelでデータを編集》をクリックした場合は、下記4番を参照)
  4. 《Excelでデータ編集》をクリックした場合は、リンク元のExcelファイルが開かれます。

図として貼り付け

  • Excelで設定した書式のまま、図として張り付けることができます。
  • 図なので、データを変更することはできません
  • 方法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です