IMEの設定

IME(アイエムイー)

IME(アイエムイー)とは、文字入力をサポートするソフトウェアです。

このようなソフトウェアのおかげで、文字を入力できるんですね。。

そして、Microsoft Windowsには、標準で「Mirosoft IME」が付属しています。

確認してみましょう。

Windows10の場合、規定では、パソコンの通知領域に表示されていますね。

ローマ字入力とかな入力

日本語を入力するには「ローマ字入力」と「かな入力」があります。

初期の設定で、入力方式は、ローマ字入力が設定されています。

ローマ字入力とかな入力を切り替え方法

 赤枠内の「あ」を右クリックし、「ローマ字入力/かな入力(M)」を選択、「ローマ字入力(R)」か「かな入力(T)」のいずれかをクリックして選択します。

現在は、《ローマ字入力》にチェックが入ってますね。

もし、かな入力にしたい場合は、《かな入力》をクリックしましょう。

1度設定すると次からは、その状態を覚えています。

もし、他の方と共用で使用する場合は、元に戻してあげましょうね。

※その他の方法

  + 

確認のメッセージが表示される場合は、「はい」をクリックします。

入力モード

「入力モード」とは、キーボードを押したときに表示される文字の種類のことです。

パソコンを起動したときには、「A」となっています。

IMEの「A」を右クリックと下記のメニューが表示されます。

 

入力モードを「半角英数」から「ひらがな」に変更する場合

  • キーボードの  キーを押す方法
  • または、IMEの右クリックメニューで「ひらがな」をクリックしましょう。

入力モードの種類​​

入力モード 表示 説明
ひらがな ひらがな・カタカナ・漢字などを入力する場合に使用
全角カタカナ 全角カタカナを入力する場合に使用
全角英数 全角英数字を入力する場合に使用
半角カタカナ 半角カタカナを入力する場合に使用
半角英数 半角英数字を入力する場合に使用

 

このようにIMEの入力モードを変更することで入力もできますが、入力モードを『ひらがな』のままファンクションキーを使って、全角カタカナ・半角カタカナ・全角英数字・半角英数字に変換することもできます。

ファンクションキーを使った変換はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です