レンダリングエンジン

レンダリングエンジンとは

HTMLレンダリングエンジンとは、HTMLで書かれた文書を解釈し、記述された文書や画像などを描画するプログラムのことです。

レンダリングエンジンから見た代表的なブラウザ

ポイントは、html5test.comが公表しているものです。

各ブラウザがデスクトップPCで、どのくらいHTML5に対応しているかを表しています(最大スコア:555ポイント)

Trident(トライデント)
  • Internet Explor:312ポイント

MicrosoftがInternet Explorer(IE)向けに開発したレンダリングエンジンです。

Blink(ブリンク)
  • Chrome:528ポイント
  • Opera:518ポイント

WebKitを基にChromium(クロミウム)プロジェクトで開発を行っているオープンソースのHTMLレンダリングエンジンです。

Gecko(ゲッコー)
  • Firefox:486ポイント

Mozillaプロジェクトが開発されているオープンソースのHTMLレンダリングエンジンです。

WebKit2
  • Safari:474ポイント

以前は、Windows OS版Safariも提供されていましたが、現在は、提供が中止となっているためWebKit2は、macOSとiOSのSafari用HTMLレンダリングエンジンです。

Edge(エッジ)
  • Edge:488ポイント

Windows10の標準Webブラウザ「Mirocosoft Edge」のHTMLレンダリングエンジンとして、Tridentをベースとして開発されました。

 

ブラウザーシェア(2019年4月現在)

 

ブラウザのバージョン確認

  • Internet Explorer
    ツール(右上にある歯車のアイコン) → バージョン情報
  • Google Chrome
    Google Chromeの設定(右上にある点が縦3つあるアイコン)→ ヘルプ → Google Chromeについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です