HTML5とセマンティクス

HTML5とセマンティクス

HTML5は、Webを取りまく環境の現在と将来を踏まえて策定された規格です。

その策定の根底をなっているのが、「セマンティクス」という概念です。

HTML5においてはマークアップした中身が何であるかを示すことです。

そのため、HTL5では、すべての要素に意味が与えられ、より明確なマークアップができるようになっています。

セマンティクスの大きな役割は、意味づけによってページの中身を人間以外のものが理解できるようにすることにあります。

セマンティクスを導入することで、製作者はどこが記事のタイトルで、どこがメニューなのかといったページの中身を正確に伝えることができます。これによって、検索エンジンなども必要な情報を的確に取り出すことができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です