リレーションシップ

リレーションシップ

リレーションシップとは、複数に分けたテーブル間の共通フィールドを関連付けることです。

リレーションシップを作成すると、データを自動参照することができます。また、テーブルのデータが変更されるとそれをもとにして作成されたクエリ、フォーム、レポートなどもその変更が自動的に反映されます。

リレーションシップの作成方法には「手動結合」「自動結合」があります。

手動結合

  • リレーションシップウィンドウで作成します。
  • 同じデータ型のフィールドを結合します。
  • 参照整合性が設定できます。

自動結合

  • クエリのデザインビューで作成します。
  • 下記条件を満たしている必要があります
    1. 同じフィールド名
    2. 同じデータ型
    3. 一方が主キー
  • デフォルトでは、内部結合になっています。(変更可能です)
  • 参照性整合性の設定は、できません。

「一対多」「一対一」リレーションシップ

  • 「一対多」
    主キーが設定されているフィールドと主キーでないフィールドを関連付けのことです。
  • 「一対一」
    主キーが設定されているフィールド同士で関連付けのことです。

 

結合の種類

  • 内部結合
    共通のフィールドに同じ値をもつレコードだけが表示されます。
  • 左外部結合
    左(主)のテーブルのすべてレコードを抽出して右(関連)のテーブルからは共通のフィールドに同じ値を持つレコードだけが表示されます。
  • 右外部結合
    右(関連)のテーブルのすべてのレコードを抽出して、左(主)のテーブルから共通のフィールドに同じ値を持つレコードだけが表示されます。

 

 ※一対多のリレーションシップでは、一側のテーブルを「左」、多側のテーブルを「右」と表現されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です