Wordと言っても色々あるんです。

皆さんが、自宅や会社で使用しているWordの製品名はなんでしょう?

Microsoft Wordといっても「2010」「2013」「2016」などと色々あります。

「2010」「2013」「2016」などMicrosoftは、数年置きに新しいものを発売します。

使用しているものが違うと「リボン」や「グループ」などの名前が違っていたり、操作方法が違っていることもあります。

また、「Microsoft製品」を使っていると思ったら「KINGSOFT製品」だったと言うこともあります。

パソコンを購入する場合は、お店の方に製品名を確認しましょうね。

では、Microsoft製品の確認方法の説明です。

Wordを起動した時の画面の違い

2010

  • 左上部にあるワードアイコン「W」の文字
  • 「フォントグループ」内にある「すべての書式をクリア」の消しゴムの色が

 

2013

 

  • 左上にあるWordのアイコンの「W」:2010とは違っている。
  • 「フォントグループ」内にある「すべての書式をクリア」の消しゴムの色がピンク
  • 「挿入」タブと「ページ」タブの間に「デザイン」タブが追加になっている。

 

2016

 

  • 左上にあったWordのアイコンの「W」:なくなった。
  • 「ページレイアウト」タブが「レイアウト」変更

 

実際の確認方法

  • 緑枠の部分で確認できます。

 

2010
  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「ヘルプ」をクリック

2013
  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「アカウント」をクリック

 

2016
  1. 「ファイル」タブをクリック
  2. 「アカウント」をクリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です