無線LANとWiFiの違い

無線LANとWi-Fi

現在では、無線LANとWiFiとは同義のよう(無線LAN=WiFi)に使用していますが、厳密には、違います。

無線LANとは、LANケーブルなどの通信ケーブルでつながなくてもインターネットに接続できるシステムのことです。

有線に比べて、通信ケーブルが必要でないため、すごく便利なのですが、無線LANの親と子のメーカーや機種が異なると接続できなことが多かったため、なかなか普及しませんした。

そこで、無線LANの普及させるために団体(Wi-Fi Aliance)が設立され、無線LANの接続方式「IEEE 802.11」を国際規格して定め、異なるメーカーや機種違いでも接続できるかをテストし、合格した製品に「Wi-Fi」というロゴマークを与えました。

消費者は、「Wi-Fi」と表記されている製品であれば、安心して接続できるようになったため爆発的に普及しました。

「Wi-Fi」では、規格が統一されているため、さまざまな機器を接続できます。

このように無線LANの中で、国際規格「IEEE 802.11」を満たしたものが、Wi-Fiなんです。

パソコンだけでなく、スマートフォン、プリンタなどの様々な機器をインターネットに接続できます。

 

「IEEE 802.11」の種類

規格 周波数帯 最大通信速度 特徴
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
・障害物に強い
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
・障害物に強い
5GHz 600Mbps ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い

 

参考サイト:NTT西日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です